traditional japanese art

Collection by Toru Omae • Last updated 2 weeks ago

1.09k 
Pins
 • 
424 
Followers
Toru Omae

はや年の瀬Ⅱ - ギャラリー酔いどれ

画は豊原國周(とよはら・くにちか)天保6年~明治33年(1835-1900)作「義士銘々伝」より、「富森助右衛門」です。*富森助右衛門正因とみのもりすけえもんまさより馬廻・使番、200石(二代)。享年34。家紋は丸に一枚柏。辞世先立し人もありけりけふの日をつひの旅路の思ひ出にしてとび込んで手にもたまらぬ霰(あられ)かな☆曇り。さて、あれこれ、職あればこその忍従の都会暮らしかと、その都会も、◆http://www.melma.com/backnumber_45206_4319708/♪(読者の声1)中国の11月の輸出実績が七年ぶりに前年割れしました。世界大恐慌の大津波の予告でしょう。日本も不穏剣呑でターブュラントな状況に入りました。来年の成長率はマイナス確実で、融資を止められた中小企業がバタバタ倒産し、日興など外...はや年の瀬Ⅱ

芳年「大日本名将鑑 源三位頼政 猪早太」 | 山田書店美術部オンラインストア

【芳年「大日本名将鑑 源三位頼政 猪早太」】の商品詳細。

浮世絵拡大画像 浮世絵・掛軸・書画・骨董・古美術品の販売・鑑定・買取/森宮古美術*古美術もりみや/Ukiyo-e HangingScroll

森宮古美術*古美術もりみやのホームページの浮世絵・拡大画像のページです。

歌川国芳: Hosokute: Horikoshi Dairyô, from the series Sixty-nine Stations of the Kisokaidô Road (Kisokaidô rokujûkyû tsugi no uchi) - ボストン美術館

『源牛若丸・熊坂長範』(1883年/明治16年)(『芳年武者无類』より、月岡芳年 画)の拡大画像

130年前の絵師・月岡芳年の武者絵が格好よすぎて身ぶるいする【全32枚を紹介】

幕末から明治時代にかけて活躍し「最後の浮世絵師」といわれた月岡芳年(つきおかよしとし)。血まみれの「無惨絵」、繊細な美人画、ユーモアあふれる妖怪画、勇壮でダイナミックな武者絵とあらゆるジャンルで縦横無尽に筆をふるった芳年の傑作武者絵集『芳年武者无類』全32枚をご紹介します。

130年前の絵師・月岡芳年の武者絵が格好よすぎて身ぶるいする【全32枚を紹介】

幕末から明治時代にかけて活躍し「最後の浮世絵師」といわれた月岡芳年(つきおかよしとし)。血まみれの「無惨絵」、繊細な美人画、ユーモアあふれる妖怪画、勇壮でダイナミックな武者絵とあらゆるジャンルで縦横無尽に筆をふるった芳年の傑作武者絵集『芳年武者无類』全32枚をご紹介します。

月岡芳年 ―「血みどろ」絵師は「生」を見つめた― | 砂村隠亡丸の余苦在話-よくあるはなし-

「血まみれ芳年」の異名をとった維新期の異才浮世絵師、月岡芳年。江戸川乱歩、三島由紀夫らも魅了された「飽くなき血の嗜慾」。

河内源氏の祖・頼義 弓で突いて水を出す 伝説化する頼義